2012年05月16日

CLANNAD/THE BEST OF CLANNAD IN A LIFETIME





イン・ア・ライフタイム〜ベスト・オブ・クラナド
THE BEST OF CLANNAD IN A LIFETIME
クラナド
CLANNAD

BMGファンハウス BVCM-37457〜8
2004-01-28(2003-10-06)
定価2,548円(税抜き2,427円)

  1. IN A LIFETIME
    DUET WITH BONO
  2. THEME FROM HARRY'S GAME
  3. I WILL FIND YOU
    THEME FROM LAST OF THE MOHICANS
  4. WHAT WILL I DO
    FROM MESSAGE IN A BOTTLE
  5. ALMOST SEEMS (TOO LATE TO TURN)
  6. BOTH SIDES NOW
    DUET WITH PAUL YOUNG
  7. ROBIN (THE HOODED MAN)
    THEME FROM ROBIN OF SHERWOOD
  8. NEWGRANGE
  9. OF THIS LAND
  10. SOMETHING TO BELIEVE IN
    DUET WITH BRUCE HORNSBY
  11. CAISLEAN ÓIR
  12. TRAIL OF TEARS
  13. RÍ NA CRUINNE
  14. BUACHAILL ÓN ÉIRNE
  15. SIRIUS
  16. A DREAM IN THE NIGHT
  17. FADÓ
  18. CHRISTMAS ANGELS

CLANNAD CHILLED
BONUS DISC
  1. SALTWATER - CHICANE
    FEATURING MOYA BRENNAN - MOTHERSHIP MIX
  2. ÚIRCHILL AN CHREAGÁIN
  3. CROÍ CRÓGA
  4. NA LAETHE BHÍ
  5. DOBHAR
  6. COINLEACH GLAS AN FHÓMHAIR
    CANTOMA MIX
  7. TOGETHER WE
    CANTOMA MIX
  8. CAISLEAN ÓIR
    PLANET HEAVEN MIX


アイルランドの音楽グループ、クラナド(CLANNAD)の
ベストアルバム「IN A LIFETIME」です。
あのエンヤさんが参加していたことでも知られていますね。

ケルト音楽や北欧の方の民族音楽がベースにあるような、
静かに遠くへと響きわたるようなサウンドが印象的な、
やや暗い曲調の曲にささやくような歌や合唱が加わります。

どの曲も幻想的で美しい感じの曲ばかりなので、
BGMとして聴いているとゆったりと落ち着いてきます。


タグ:洋楽
posted by ゆえ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介

2012年05月11日

ダニエル・コビアルカ/シルク・ブランチ



シルク・ブランチ
SILK BRANCHES
ダニエル・コビアルカ
Daniel Kobialka

プレム・プロモーション PRD-0121
1997-02-20 定価2,940円(税抜き2,800円)

  1. BORODIN
    Medley, Polovitsian Dances 9:36
  2. HANDEL
    Harmonious Blacksmith ~ Air and Variations 20:09
  3. PACHELBEL
    Choral and Variations Medley 15:00
  4. KOBIALKA/KULBERG
    Path of Joy 10:54
  5. KOBIALKA
    Silk Branches 7:24
  6. KOBIALKA/KULBERG
    Space Camp 5:57


バイオリニストのダニエル・コビアルカさんの
ゆったりと穏やかなバイオリンとビオラの演奏を収録した
アルバム「シルク・ブランチ」です。

優しすぎて、泪がとまらない。
天国にただよう、淡くたおやかなバイオリンの調べ。
(帯より)

というわけで、メディテーション(瞑想)・ヒーリングなど、
BGMとして聴くと心地よい安らぎが得られる感じの音楽です。

明るく優しく響きわたるシンセサイザーのサウンドをバックに、
バイオリンやビオラの澄んだ優しい音色が包み込みます。


ボロディンの「ダッタン人の踊り」、ヘンデルの「調子の良い鍛冶屋」、
パッヘルベルの「コラール」などをメドレーとしてアレンジして、
後半はダニエル・コビアルカさんのオリジナルの楽曲で、
心安らぐひとときを演出します。

なお、パッヘルベルのコラールとメドレーの終盤では、
おなじみのパッヘルベルのカノンを演奏して終わります。


posted by ゆえ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介

2012年05月06日

ルーラ/ドラゴンクエストのうた



ドラゴンクエストのうた
DRAGON QUEST BEST SONGS SELECTION
ルーラ
Loula

ポリスター PSCR-5009
1993-05-26 定価2,800円(税抜き2,718円)

  1. 序曲〜プロローグ〜(インストゥルメンタル)
    ドラゴンクエスト
  2. 結婚ワルツ
    ドラゴンクエストX

  3. ドラゴンクエストV
  4. もうひとつの名前
    ドラゴンクエストX
  5. 薔薇ふる空
    ドラゴンクエストU
  6. 海の子守歌
    ドラゴンクエストV
  7. 町の人々
    ドラゴンクエストT
  8. この道わが旅
    ドラゴンクエストU
  9. 結婚ワルツ〜エピローグ〜(インストゥルメンタル)
    ドラゴンクエストX


ドラゴンクエストXの挿入曲やエンディングテーマである
「結婚ワルツ」の歌入りバージョンを歌ったルーラが、
T〜Xの他の名曲も歌にして優しく歌いあげます。

ルーラは、志村真澄さんと伊藤真由美さんの女性二人のデュオです。
名前の由来はもちろんドラゴンクエストの移動呪文のルーラから。


ルーラの代表曲「結婚ワルツ」は、冒頭の記載の通り、
ドラゴンクエストXのエンディングテーマ曲で、
タイトルからもわかる通り、結婚した二人の幸せを歌った歌です。

「街」は、ドラゴンクエストVの街で流れる曲で、
旅の途中で街に立ち寄った旅人の気持ちを歌う明るい歌になっています。

「もうひとつの名前」は、ドラゴンクエストXの知る人ぞ知る名曲。
「哀愁物語」をボーカルアレンジした綺麗で儚げな歌で、
二人のパートが掛け合うように歌われる旋律が綺麗です。

「薔薇降る空」は、「Love Song 探して」に別の歌詞を乗せた歌。
個人的にはそのままの元の歌詞の方が好きだったので微妙な感じです。

「海の子守歌」は、ドラゴンクエストVの船の曲である、
「海を越えて」のボーカルアレンジで、
母なる海の大きさと大きな心を歌った優しい歌です。


「町の人々」は、ドラゴンクエストTの町の曲で。
懐かしい町の曲に、大切なものを思い出させてくれる歌で、
何かに迷ったとき聴きたい、明るく元気の出る歌です。

特にBメロは、二つのパートが全然違うメロディと異なる歌詞で、
重なり紡がれる美しいハーモニーは必聴かと思います。


「この道わが旅」は、人生の道のりと旅とを重ねつつ、
いろんな出会いや別れ経験を経て旅を続けていくという歌で、
ドラゴンクエストのうたの中でも特に有名な歌ですね。

元々はドラゴンクエストUのエンディングテーマで、
中でも団次郎さんが歌ったバージョンは、
アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の
エンディングテーマとしても使用されていましたね。


タグ:ゲーム
posted by ゆえ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介

2012年05月03日

Slava/G線上のアリア



G線上のアリア
Air
スラヴァ
Slava

ビクターエンタテインメント VICP-12012
1996-11-07 定価1,200円(税抜き1,165円)

  1. G線上のアリア -choir a cappella- (バッハ)
    Air On The G String/ choir a cappella J S Bach
  2. カノン -NONNO MIX- (パッヘルベル)
    Canon/ Nonno mix J Pachelbel
  3. カノン -PAO MIX- (パッヘルベル)
    Canon/ Pao mix J Pachelbel


ベラルーシ出身のカウンターテナーのSlava(スラヴァ)さんが、
G線上のアリアとパッヘルベルのカノンをヴォカリーズで歌ったシングルです。

伸びやかで遠くまで響いていきそうな美しい歌声です。

一曲目の「G線上のアリア」は、シンプルにヴォカリーズの多重録音で歌います。
G線上のアリアの旋律に乗せて美しい歌声のハーモニーを楽しむことが出来ます。

二曲目と三曲目の「カノン」は、残響の強い幻想的な音の空間の中で、
スラヴァさんの歌声がどこまでも遠くへと響いていくような、
一種の環境音楽的なアレンジになっています。


posted by ゆえ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介

2012年05月01日

臣士魔法劇場リスキー☆セフティ 主題歌/挿入歌



臣士魔法劇場リスキー☆セフティ 主題歌/挿入歌

ポニーキャニオン PCDG-00116
1999-11-03 定価1,050円(税抜き1,000円)

  1. 主題歌「夜明けの風ききながら」
    作詞:濱田理恵/作・編曲:寺嶋民哉
    歌:桂木 萌(坂本真綾)
  2. 挿入歌「此処にいるから」
    作詞:濱田理恵/作・編曲:寺嶋民哉
    歌:リスキー&セフティ(岩坪理江)
  3. 「夜明けの風ききながら」オリジナルカラオケ
  4. 「此処にいるから」オリジナルカラオケ


アニメ「臣士魔法劇場リスキー☆セフティ」の
主題歌と挿入歌を収録したシングルです。

主題歌の「夜明けの風ききながら」は主人公の女の子、
挿入歌「此処にいるから」は、天使見習い&死神見習いの
キャラクターがそれぞれを歌っている設定のようです。

私自身は、このアニメは存じあげていないのですが、
ラジオで「此処にいるから」が流れてきてそれを聴いて、
その綺麗な旋律と歌声がとても気に入ってしまってCDを買いました。


この二曲は、どちらも幻想的で穏やかなとても綺麗な曲で、
静かに始まりますが、だんだんスケール感がでてきて訴えかけてきます。

「夜明けの風ききながら」は、坂本真綾さんの透き通るような歌声と、
そして優しく、けれども力強い歌詞の歌声とともに心に響く歌です。

「此処にいるから」を歌うのは、岩坪理江さんによる、
リスキーとセフティの一人二役の多重録音でしょうか。
ふたつのメロディが絡んで紡がれる美しいハーモニーが印象的です。

歌を歌うリスキーとセフティはどちらも女の子のキャラクターなのですが、
まるで男の子と女の子が掛け合って歌っているかのようなパート分けで、
その広い音域で綺麗なメロディが紡がれて美しいハーモニーを生み出します。
また歌詞も歌声を聴いていてとても心地良く、心が浄化されるようです。


posted by ゆえ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介

2012年03月31日

アヴェ・マリア◎神崎 愛 ベスト



アヴェ・マリア◎神崎 愛 ベスト

ビクター エンタテインメント VICC-5040
1994-08-24 定価2,500円(税抜き2,427円)

  1. タイスの瞑想曲(マスネ)
    MEDITATION FROM THAIS (Massenet) (3:56)
  2. アヴェ・マリア(グノー)
    AVE MARIA (Gounod) (4:27)
  3. みじかくも美しく燃え(モーツァルト)
    ELVIRA MADIGAN (Mozart) (4:32)
  4. シチリアーノ(バッハ)
    SICILIANO (Bach) (4:28)
  5. ヴォカリーズ(ラフマニノフ)
    VOCALISE (Rachmaninov) (6:08)
  6. コッペリアのワルツ(ドリーフ)
    WALTZ FROM "COPPELIA" (Delibes) (2:05)
  7. 愛情物語(ショパン)
    TO LOVE AGAIN from "Eddy Duchin Story" (Chopin) (4:48)
  8. 哀愁のノクターン(ショパン)
    NOCTURNE IN B FLAT MINOR OP.9-1 (Chopin) (3:46)
  9. 真珠採り(ビゼー)
    ROMANCE from "The Pearl Fishers" (Bizet) (3:48)
  10. 月の光(ドビュッシー)
    CLAIR DE LUNE (Debussy) (4:12)
  11. さくらさくら(日本古謡)
    SAKURA SAKURA (Japanese old song) (3:00)
  12. この道(山田耕筰)
    KONO MICHI (Kousaku Yamada) (1:56)
  13. 初恋(越谷達之助)
    HATSUKOI (Tatsunosuke Koshigaya) (3:21)
  14. 宵待草(多 忠亮)
    YOIMACHIGUSA (Tadaosa Ohno) (3:02)
  15. 春の海(宮城道雄)
    HARU NO UMI (Michio Miyagi) (5:20)
  16. カノン(パッヘルベル)
    CANON (Pachelbel) (4:23)
  17. さよならをもう一度(ブラームス)
    SYMPHONY NO. 3, 3rd mov. (Brahms) (4:07)

小六禮次郎 指揮(編曲) 東京シティ・オーケストラ [1]〜[11] [13]〜[15]
東京ニュー・シティ・オーケストラ [17]
JOE カルテット [12] [16]


フルート奏者、ソプラノ歌手、女優と多彩な活躍をされていた、
神崎 愛さんのベストアルバム「アヴェ・マリア」です。

バッハやモーツァルト等のクラシックから日本の曲まで
さまざまな楽曲でのフルート演奏を楽しむことが出来ます。

オーケストラや四重奏の演奏をバックにして、
フルートが優雅にメロディを奏でる落ち着いたアルバムです。


posted by ゆえ at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介

2012年03月26日

デ・ジ・キャラット/PARTY☆NIGHT

PARTY☆NIGHT
デ・ジ・キャラット
Di Gi Charat

ブロッコリー GCFC-005
1999-10-09 定価2,000円(本体価格)

  1. PARTY☆NIGHT
    歌:真田アサミ・沢城みゆき・氷上恭子
  2. My Dear
    歌:真田アサミ
  3. Never give up
    歌:沢城みゆき
  4. 100万$スマイル
    歌:氷上恭子
  5. PARTY☆NIGHT (パラパラ・アレンジ・バージョン)
    歌:真田アサミ・沢城みゆき・氷上恭子
  6. PARTY☆NIGHT カラオケ
  7. My Dear カラオケ
  8. Never give up カラオケ
  9. 100万$スマイル カラオケ
  10. PARTY☆NIGHT (パラパラ・アレンジ・バージョン) カラオケ

作詞:森ユキ/作・編曲:坂本祐介

Di Gi Charat (でじこ):真田アサミ
Petit Charat (ぷちこ):沢城みゆき
Rabi en Rose (うさだ):氷上恭子


デ・ジ・キャラットのキャラクターソングアルバム「PARTY☆NIGHT」です。

でじこ、ぷちこ、うさだのそれぞれの新曲と、3人のユニット曲を収録

ということで、3人のそれぞれソロの曲が1曲ずつと、
3人仲良くユニットを組んで歌っている「PARTY☆NIGHT」が
別バージョンと合わせての2種類収録されていて、全5曲となっています。


「PARTY☆NIGHT」は四つ打ちのリズムと循環するコード進行で、
心地よいノリとサウンドが繰り返されるダンスミュージック風の曲です。
歌は三人のキャラクターたちが仲良くパーティーで歌っている(?)
とても微笑ましく楽しい雰囲気の歌てす。

「My Dear」は、でじこ(デ・ジ・キャラット)が歌う、
大切な人を想って素直な気持ちを歌に乗せて歌った歌。
終始、下降ベースの循環コード進行(カノンコード進行)で進む曲で、
聴いていると優しい気持ちになれる優しい想いに溢れた曲です。

「Never give up」は、ぷちこ(プチ・キャラット)が歌う、
マイペースで頑張っていこうといった感じの爽やかな歌でしょうか。
普段は毒舌なぷちこがとても素直な歌詞で歌っています。

「100万$スマイル」は、うさだ(ラビ・アン・ローズ)らしく
アイドルポップス風というか、そのものな感じの歌です。
そんな雰囲気の中でも、歌詞の内容をよく聴いてみると、
ちゃんとうさだの気持ちをストレートに歌った内容になっています。


タグ:キャラソン
posted by ゆえ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介

2012年03月22日

小原孝/ピアノで「スヌーピー」



ピーナッツ生誕50周年記念
ピアノで「スヌーピー」
Peanuts 50th Anniversary
Piano de SNOOPY
小原孝
Takashi Obara

東芝EMI TOCT-24413
2000-09-13 定価2,854円(税抜き2,718円)

  1. 明日は何になろうかな
    (トルコ行進曲)
    作曲:モーツァルト [3:32]
  2. わかってほしい私の気持ち
    (アンダルーサ〜ハバネラ〜愛の挨拶〜恋とはどんなものかしら〜愛の挨拶)
    作曲:グラナドス〜ビゼー〜エルガー〜モーツァルト〜エルガー [6:39]
  3. 涙のわけ
    (別れの曲)
    作曲:ショパン [1:49]
  4. スポーツをしよう
    (テイク・ミー・アウト・トゥ・ザ・ボールゲーム〜コンバット・マーチ〜貴婦人の乗馬〜草競馬〜スケーターズ・ワルツ〜テイク・ミー・アウト・トゥ・ザ・ボールゲーム)
    作曲:V.T.アルバート〜三木佑二郎・中島芳〜ブルグミュラー〜フォスター〜ワルトトイフェル〜V.T.アルバート [5:22]
  5. スヌーピーの小犬のワルツ
    (小犬のワルツ)
    作曲:ショパン [1:56]
  6. エリーゼで踊ろう
    (エリーゼのために)
    作曲:ベートーヴェン [3:03]
  7. チャーリー・ブラウンのバレンタイン
    (なつかしいバレンタイン〜もう飛ぶまいぞこの蝶々〜フィガロの結婚序曲〜女心のうた〜リベル・タンゴ)
    作曲:ギロック〜モーツァルト〜モーツァルト〜ヴェルディ〜ピアソラ [6:53]
  8. あの子が犬だったら
    (ジュ・トゥ・ブ)
    作曲:サティ [2:33]
  9. 屋根の上のドリーマー
    (家路〜眠りの精〜天使の声〜月の光〜イエスタデイ〜トロイメライ)
    作曲:ドヴォルザーク〜ブラームス〜ブルグミュラー〜ドビュッシー〜J.レノン・P.マッカートニー〜シューマン [9:15]
  10. シュローダーはベートーヴェンが好き
    (ト調のメヌエット〜運命〜皇帝〜歓喜の歌〜月光〜ト調のメヌエット)
    作曲:ベートーヴェン [10:43]
  11. いつまでも
    (亡き王女のパヴァーヌ〜パッヘルベルのカノン)
    作曲:ラヴェル〜パッヘルベル [4:38]


スヌーピーで有名な漫画「ピーナッツ」をイメージしたピアノソロ演奏で、
楽曲のアレンジや演奏はピアニストの小原孝さんです。

収録された楽曲はクラシックの名曲をメドレーとして繋げていますが、
自由に大胆にアレンジされてスヌーピーの世界感を再現したものとなっています。

といっても、スヌーピーのアニメサントラというわけではなく、
あくまでスヌーピーをイメージしてアレンジしたものだそうですが、
スヌーピーのキャラクターや世界感への想いの詰まっていて、
スヌーピー好きならきっとそのキャラクター達の様子が思い浮かぶことでしょうね。

もちろん、楽曲自体は普通にクラシック曲のピアノソロアレンジですので、
スヌーピーを知らずに純粋にピアノソロの曲として聴いても
演奏は表情豊かで楽しいと思います。


あと、ジャケットのピアノを上からみるとスヌーピーに見えるってのも面白いですね。


posted by ゆえ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介

2012年03月20日

PERSONZ/sayonaraは言わない



sayonaraは言わない
PERSONZ

東芝EMI TODT-3209
1994-03-02 定価500円(税抜き485円)

  1. sayonaraは言わない

(通常シングル TODT-3188)
  1. sayonaraは言わない
  2. HELLO, NEW FRONTIER
  3. sayonaraは言わない (オリジナル・カラオケ)


ロックバンドのPERSONZのシングル「sayonaraは言わない」です。

この曲はアニメ映画「幽遊白書 冥界死闘篇 炎の絆」の主題歌でもあって、
1曲のみの収録とアニメのジャケットで発売された500円の単曲シングルです。

なお、通常のシングルCDは2曲+カラオケの3トラック構成です。


つらく切なくも、爽やかで希望を持てる歌。

聴いていると今では会えなくなった人を色々と思い起こしてしまいます。
でも、いつかまた笑顔で会えると信じられる気がします。

個人的にはかなりお気に入りで名曲だと思います。

ただ、最後はちょっと引っ張りすぎな気がしますが。。


タグ:アニメ J-POP
posted by ゆえ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介

2012年03月17日

Sachi/乙女の音色箱



乙女の音色箱
Sachi

発売:スパイラルアーツ/クリムゾン・サーカス
販売:スリーディーシステム/プライエイド・レコーズ
UYCC-10003 2004-06-21
定価2,000円(税抜き1,905円)


  1. お人形の夢と目覚め 【人形の夢と目覚め・・・オースティン】
  2. 華なるもの来たり・・・・Sachi
  3. おしゃま猫のミルフィーユ 【カノン・・・パッヘルベル】
  4. 夢の中の秘密のお話し 【ジョスランの子守歌・・・ゴダール】
  5. 天使の召還 【ピエ・イエズ(レクイエムより)・・・フォーレ】
  6. 双子の舞踏症人形 【ふたつのヴァイオリンのための協奏曲・・・バッハ】
  7. 月明かりの密会 【メロディ・・・グルック】
  8. 麗しき遠国のお姫様 【ロマンス・・・ベートーヴェン】
  9. 硝子薔薇の愛 【無伴奏ヴァイオリンソナタ第一番・・・バッハ】
  10. お菓子なお姫様・・・・Sachi


Natural Born Lolita Sachi が
お送りする正しい乙女の為のクラシック

ということで、ゴスロリな衣装での演奏が印象的なバイオリニスト
Sachiさんのソロアルバム「乙女の音色箱」です。

Sachiさんは、ユニット「黒色すみれ」でも活躍されている方ですね。


このアルバムは、バイオリンによる表情豊かな演奏が魅力的で、
軽快で楽しげな演奏、儚くも綺麗な演奏、幻想的な演奏など、
さまざまな曲想のバイオリン演奏を楽しむことができるアルバムです。

また、楽曲導入部などの一部では効果音等も駆使して世界観を演出していて、
それでちょっと雰囲気が一転してアクセントにもなっています。

全体的にはアルバムタイトルの通りの可愛らしい印象の、
まさにメルヘンという感じのアレンジと演奏で、
聴いているとお嬢様になったような優雅な気分になれました。


posted by ゆえ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CD紹介